兵庫県 介護職の処遇改善状況は?

兵庫県の介護職、処遇改善で給料はどれくらい上がる?もらえない場合の理由も解説!


兵庫県の介護職の方、「介護職員処遇改善加算」の仕組みはご存じですか?「特定処遇改善加算」もスタートし、ベテラン介護職の給料アップに期待がかかりますが、実現するかは職場次第。気になる兵庫県の介護事業所の対応状況をお伝えします。

介護職の処遇改善をわかりやすく解説

まずは、介護職の処遇改善の仕組みやルールを簡単に説明しましょう。

「介護職員処遇改善加算」の基礎知識

「介護職員処遇改善加算」の概要を解説

「介護職員処遇改善加算」は、介護職の処遇改善のために作られた制度。介護職の給料アップに加え、やりがいのある職場環境を整えるという狙いがあります。

介護職員処遇改善加算の仕組みにより、介護職の給料が上がる流れは以下の通りです。

  1. 介護事業所は、介護職のキャリアアップの仕組みづくりや職場環境の改善に取り組み、都道府県や市町村などの自治体に報告書を提出
  2. 自治体は報告書をもとに、介護報酬に「給料の上乗せ費用」を追加して介護事業所にお金を支給
  3. 介護事業所は支給されたお金を介護職員に分配⇒介護職の給料アップ!

自治体から支給されたお金は、介護職の給料アップのためだけに使うというルールがあります。正社員はもちろん、パートやアルバイトも対象です。

兵庫県の介護職の年収は、2015年から2019年の間に約30万円も上がっており[1]、介護職員処遇改善加算の影響が大きいと考えられます。

2019年スタートの「特定処遇改善加算」とは

介護職員処遇改善加算に加え、2019年からは、「介護職員等特定処遇改善加算」が施行されています。

介護職員等特定処遇改善加算は、ベテラン介護福祉士を中心に、さらなる給料アップがめざせる制度。職場の経験や技能のある介護福祉士のうち、1人以上の給料を月額8万円アップもしくは年収440万円の水準に引き上げるといった指針が打ち出されています。

兵庫県でも、介護職員等特定処遇改善加算を取得する介護事業所が増えていくでしょうし、長らく介護の現場で頑張ってきた介護職にとっては、給料が大幅にアップするチャンス!今後のやりがいにもつながりますね。

【兵庫県】介護職の処遇改善の現状と注意点

ここからは、兵庫県における介護職の処遇改善の現状と、介護職員処遇改善加算の注意点をお伝えしていきましょう。

介護職員処遇改善加算の普及率は?

介護職員処遇改善加算には、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの加算の区分があります。(月額3.5万円相当)を最上位として、介護事業所が取得している加算の区分によって、支給される金額が変わります。

では、兵庫県の介護事業所における介護職員処遇改善加算の対応状況を見てみましょう。

■兵庫県の介護職員処遇改善加算の対応[2]

兵庫県の介護職員処遇改善加算の対応

グラフから、兵庫県では、8割以上の介護事業所が最上位の加算Ⅰを取得していることがわかります。

介護事業所が加算Ⅰを取得するには、経験や資格、技能に見合う賃金体系や昇給制度を整備するのはもちろん、介護職のスキルアップのための研修の他、様々な職場環境改善の取り組みを行う必要があります。

兵庫県で加算Ⅰを取得している介護事業所が多いということは、給料や待遇・福利厚生の面で満足度の高い職場で働ける可能性が高いと言えるでしょう。

先にお伝えしたように、介護職員処遇改善加算は取得している加算の区分により支給額が変わります。加算をまったく取得していない介護事業所では、介護職員処遇改善加算による給料アップはありませんのでご注意ください。

介護職員処遇改善加算の支給方法は?

介護職員処遇改善加算により支給されたお金を、介護職員にどのように分配するかは、介護事業所の判断にゆだねられています。

推奨されているのは、基本給に上乗せする方法ですが、兵庫県ではいかがでしょうか。

■兵庫県の介護職員処遇改善加算の支給方法[3]

兵庫県の介護職員処遇改善加算の支給方法

兵庫県では、諸手当の導入や金額の引き上げという形で支給する介護事業所が多いようですね。

支給方法だけでなく、職員のうち誰にいくら支払うかも介護事業所の判断次第です。介護職員処遇改善加算を取得していても、介護職全員が同じ金額をもらえるわけはありません。

職場によっては、毎月支払ってはいるものの、介護職員処遇改善加算による手当込みで最低賃金に近い給料設定にしている場合も。

「誰に」「どうやって」「いくら払うか」が不透明な職場だと、介護職員処遇改善加算によって給料が上がったという実感が得られないこともありますので、この点についても注意しましょう。

兵庫県の介護職の処遇改善、ポイントは職場選び!

もしあなたが、「処遇改善加算の手当がもらえない」「もらっているかわからない」と感じるなら、金額や支給方法の職員への周知はルールですので、職場に説明を求めてみましょう。

納得のいく結果が得られない場合は、もっと条件のよい職場への転職を考えてみてもいいかもしれません。

その際におすすめなのが、転職エージェントを活用すること。

転職エージェントとは、希望の職場への転職をサポートしてくれる無料の人材紹介サービス。兵庫県の介護求人に強い介護職専門の転職エージェントもあり、求人の紹介や、雇用条件の交渉、面接のセッティングや就職後のフォローも行ってくれます。

では、実際の求人例を見てみましょう。

■兵庫県の処遇改善手当のある求人例

処遇改善手当の支給方法や具体的な金額を調べてもらうこともできますし、求人サイトやハローワークと併用すれば、よりたくさんの求人を見比べることができ、転職活動の助けになるでしょう。

兵庫県で介護職が満足のいく処遇改善を受けるのに、大切なのは職場選びです。転職を決意したなら、今回お伝えした内容を参考に、よい求人を探してくださいね。

注釈

[1]出典:「賃金構造基本統計調査/厚生労働省」※年収は「きまって支給する現金給与額」×12+「年間賞与・その他特別給与額」

[2][3]グラフは「令和元年度 介護労働実態調査結果 都道府県版 兵庫支所/公益財団法人 介護労働安定センター」を参考に当社が作成

転職サポート(無料)をチャットで申し込み